アクアコミュニケーターの知恵

 

 

地域の水循環のはなし  |  Story of the water cycle in the region


 

家庭排水が、水を汚す

 

(※バケツ1杯は10リットルとします)

 

家庭からは毎日たくさんの汚れた水が流れていく。

日本人1人が1日に使う水の量は約250リットルといわれる。

そのうち飲み水は2リットル程度、煮炊きに使われる水も10リットル程度。

つまり、体のなかにおさまるのはごくわずかで、250リットルのほとんどが汚れを落とすために使われ、汚れとともに流れていく。

たとえば、食器洗いに使った水、風呂の残り湯、洗濯に使った水など。

これら生活排水は、やがて川や湖や沼に流れこみ、水を汚す原因になる。

そうでなくとも下水処理施設に負担をかける。

ちなみに台所、トイレ、風呂場のうち、いちばん汚れた水を出すのはどこだと思いますか?

 

答えは台所なんです。

 

BODという水の汚れの目安(※数値が高いほど水は汚れている)を比べると、

 

  • 台所からの排水・・・・BOD18
  • トイレからのし尿・・・BOD13
  • 風呂の残り湯・・・・・BOD9

となっている。

 

水を汚す原因を調べてみると、

 

  • 【第1位】台所からの食べ残し、飲み残し・・・41%
  • 【第2位】し尿・・・27%
  • 【第3位】風呂の残り湯・・・22%
  • 【第4位】洗濯排水・・・10%

となっている。

かりに食べ残し、飲み残し(液体)を魚がすめるくらいのきれいな水にするために、水でうすめていくとしよう。

そのとき、どれくらいの水が必要かというと、

 

  • ラーメンの残りつゆ(200ミリリットル)がきれいな水に戻るには、990リットルの水が必要
  • お米のとぎ汁(2リットル)がきれいな水に戻るには、1200リットルの水が必要
  • みそ汁おわん1杯(200ミリリットル)がきれいな水に戻るには、1410リットルの水が必要
  • 牛乳コップ1杯(200ミリリットル)がきれいな水に戻るには、3000リットルの水が必要
  • 使用済みの天ぷら油(500ミリリットル)がきれいな水に戻るには、9万9000リットルの水が必要

となる。

汚れた水をきれいにするのはたいへん。

最初から汚さないようにしたほうが、よっぽどラクチンなのだ。

 

 

目次へ戻る