週刊「水」ニュース・レポート    2013年2月6日号

 

 

 

【今回厳選したニュース】

 

 


 

 

【ニュースを見る目】

 

このニュースのポイントは

 

  • エネルギーをつくるには水が必要
  • 水がつくるにはエネルギーが必要

ということ。そのため、

 

  • 私たちの社会はエネルギーと水を大量消費せざるをえない連鎖のなかにある
  • この連鎖を断ち切ることが早急な課題

ということです。

 

まず、エネルギーを生み出す水の話をしましょう。

蒸気でタービンを回す石炭火力、原子力発電には水が必要です。バイオ燃料の生産(トウモロコシなど)にも大量の水が使われています。

次に、水を生み出すときにも、大量のエネルギーが必要になっています。

海水淡水化といって、海水を処理して淡水(真水)をつくる技術があります。地球の水の97.5%は海水ですから、そこから真水を取り出すことで、水不足を解決しようというわけです。

ですがエネルギーが必要です。たとえばプラントで使われるポンプには、水を700メートルの高さまで吹き上げるほどの高い圧力が必要です。

1トンの水をつくるのに4キロワット時必要で、1日100万トンの水をつくる「メガプラント」では、毎日400万キロワット時使用することになります。

エネルギーも水も不足するとの予測のなかで、エネルギーを増やそうとすると水を大量につかい、水を増やそうとするとエネルギーを大量につかうというジレンマをいかに克服するか。

このピンチをチャンスに変えられる人が、新しい時代を拓く予感がします。

 


 

 

【その他の「水」ニュース】