週刊「水」ニュース・レポート    2013年5月29日号

 

 

 

【今回厳選したニュース】

 

  • 「リニア新幹線の早期着工を要請  愛知県知事らが太田国交相に」
  • (産経新聞  2013年5月27日)

 


 

 

【ニュースを見る目】

 

リニア新幹線計画の加速を伝えるニュースです。

リニア計画は国内景気の浮揚、海外へのインフラ輸出など、プラス面が大きくクローズアップされていますが、その一方で、地下水など自然環境に与える影響は大きいと考えられています。

また、原発を再稼働しなければまかなえない多大なエネルギーが必要とされています。

その割には、こうした問題点がメディアに取り上げられることは極めて少ないのではないでしょうか。

そこで今回はリニア新幹線と地下水脈について、これまでの記事をおさらいしてみようと思います。

最初にこのテーマで記事が書かれたのは、いまから20年以上前のことです。

 


「リニアへの期待と不安 生活・環境と調和課題」
(朝日新聞  1990年7月2日)


というタイトルです。関連部分を引用すると、

 

  • 「時速550キロを目指す磁気浮上式のリニアモーターカー新実験線の建設ルートに決まり、年内着工の準備が進む山梨県。
  • 将来のリニア中央新幹線(東京−大阪間)をにらんだ実験線とあって、ルート予定地周辺には見学客などをあてこんだ高層ホテル建設計画も持ち上がり、沿線自治体は、実験線を地域活性化の起爆剤にしようと躍起だ。

  • しかし、一方では地価高騰、自然環境の破壊、強力な磁場による人体への影響などを気遣う声も上がって、リニアブームは地元に期待と不安の渦を巻き起こしている」

とされています。不安や懸念という点では、

 

  • 「県民には、未知のリニアに対する不安の声も出始めた。
  • 6月27日、ルートがかかる東八代郡御坂町で開かれた説明会では、町民からトンネル工事に伴う地下水脈への影響や、磁場、騒音などを心配する質問が相次いだ」

 

  • 「リニアについては、明るい面のPRが主で、問題点はあまり触れられていない。建設決定までの過程でも、住民の声が反映されていない」

と書かれています。

 

  • 「明るい面のPRが主で、問題点はあまり触れられていない」」

という点では、20年前も現在も同じです。

 

次の記事が書かれるのは、その5年後です。

 


「客室や乗務員室、初公開  山梨リニア実験線3両編成で」
(朝日新聞  1995年9月26日)


記事中に、

 

  • 「トンネル工事に伴う地下水脈の枯渇も不安視されており、今年2月には大月市で生活用水の水源が枯れるという問題が起こり、実験線のトンネル掘削工事が原因とみられている」

と具体的なトラブルについて触れられています。

 

 


JR東海  リニア調査本格化  南アルートで水平ボーリング
(FujiSankei Business i.  2008年2月15日)


では、

長野・山梨両県にまたがる南アルプスを横断するトンネルの水平ボーリング調査について書かれています。

 

  • 「水平ボーリング調査は、山梨県早川町と長野県大鹿村から、それぞれ直径10センチの穴を3キロずつ掘り、地質や地下水脈の状態などを調べる」

とされています。その後の調査結果についての記事はありません。

ですが、すでに山梨県内で住民に話を聞くと、

 

  • 「地下水脈が各地で分断され、川の水が干上がったり井戸枯れが起きたりしている」

というのです。

 

2011年になると、地元紙『信濃毎日新聞』が、リニアモーターカーについて精力的に書き始めました。

 


[特集]リニア県内中間駅案公表  沿線に文化財点在  地下水脈保全も必要
(信濃毎日新聞  2011年8月6日)


この記事は至極真っ当で、計画推進に当たって、自然環境への影響を十分に調査し、影響が出るとわかった時点で、変更すべきとしています。

 

  • 「トンネル掘削に伴う地下水への影響は十分な対策が必要だ。これまでも新幹線などのトンネル工事で周辺の水源が水枯れするケースが出ている。

  • 自然環境への影響だけでなく、飲用水や農業用水など住民生活への影響も出かねない問題だけに、慎重な検討が求められる。

  • 概略路線内には「市民10万人の水がめ」として飯田市が保全を求めている風越山の山麓に湧き出る環境省の名水百選「猿庫(さるくら)の泉」や県営松川ダムもある。

  • JR東海はこれらを避け、南側を通る路線に絞り込むことも可能としている。
    ただ、地下水脈は複雑に入り組んでいる可能性もあるため、事前にボーリング調査などで周辺の水源の位置や使用状況のデータを集めて影響の度合いを予測し、具体的な路線を設定する際には回避するように準備を進めることが必要だ」

 

さらに同じく「信濃毎日新聞」の記事です。

 


リニア時代(12)=巨大アセス本格化へ(2)
沿線水資源の影響  完全回避困難・・・折り合いは
(信濃毎日新聞  2011年11月9日)


 

  • 「整備新幹線の建設主体として、さまざまなトンネル建設の実績を持つ独立行政法人鉄道・運輸機構でさえ、山梨リニア実験線延伸のトンネル工事で2009年、付近の「水枯れ問題」を引き起こした。

  • 南アルプスの長大トンネル(延長約20キロ)は、地表から最大1400メートル下の深い地中を掘削する。JR東海は「地表面への影響は小さい」とするが、「大きな地下水脈に当たった場合、トンネルが深いほど影響を及ぼす範囲が広くなる可能性もある」と複数の専門家は指摘する。

  • 水源の完全回避は難しく、影響があれば事後対応。生活や経済活動に欠かせない水の保全がそれでいいのか。沿線地域とJR東海がどう折り合って対応すべきか、きちんと議論する必要がある」

 

いちばん直近のものは2012年6月の「朝日新聞」です。

 


市有地9カ所で調査許可申請  リニアの環境影響評価で  川崎市にJR東海
(朝日新聞  2012年6月9日)


 

  • 「リニア中央新幹線をめぐり、JR東海は、川崎市に対し、市有地9カ所で地質などを調べる許可を申請した。
    環境影響評価の一環で、植生を調べたり、ボーリングをして地質や地下水脈などを調べたりする」

  • 「一方、『リニア新幹線を考える東京・川崎連絡会・川崎』は騒音や振動、磁場の影響、電力消費が多いことなどを理由に、建設に反対している」

このテーマでまとめられた記事は、わずかこれだけしかありません。さまざまな課題を抱えながら、報道は皆無に近いと言えるでしょう。

JR東海が名古屋に向けて進める工事は、

 

  • 「ほとんどトンネル内だから、環境に負荷がない」

と言われていますが、地下水脈を分断することはないかなど、リニア計画を検証し、賢明な選択をする必要があるでしょう。

 


 

 

【その他の「水」ニュース】