講演・研修プログラム

 

 

 

 


 

自治体向け講演・研修プログラム  |  Local governments lectures and training programs

 

「水の国フォーラム〜豊かなる『水の国』の未来を目ざして〜」(市民・企業・行政が協働して地域の水を守ることを啓発)

  • 水問題はグローバルな側面とローカルな側面を合わせもっています。各自治体において、地域の水について真剣に考えなくてはなりません。たとえば、経営が悪化し存続が危ぶまれている上下水道事業をどう改善するか、地域の水源保全、水利用のルールをいかに定めるかなど、大きな課題に対応しなくてはなりません。
  • しかしながら、水の問題は自治体内で共有されていないというのが現状ではないでしょうか。アクアスフィアは以下のようなお手伝いをします。

 

<自治体内で水の課題の共有>

  • シンポジウムや勉強会を行い、自治体内の水問題を共有する場をつくります。主なテーマとしては、以下があります。
  • グローバル化時代にローカルな水問題を考える
  • 地域の水を保全しながら活用するルールづくり、しくみづくり
  • 行き詰まりつつある水道事業をいかに改善するか
  • 災害にそなえ安全な水を確保する方法
  • 地域で木材・食料・エネルギー・水を自給する(FEWリンクを最適化する方法)
  • 生物浄化法(緩速ろ過)を活用した市民が運営する水道
  • 新しい水管理手法「生態共生管理」

 

  • そのほか自治体主催の水のイベント、ワーウショップの企画や実施も行います。

 

<自治体内のアクアコミュニケーターの育成>

自治体職員による研修(プロジェクトWETアクティビティ)

  • 自治体がもつ課題を解決には、企業、市民との恊働が必要です。行政には調整役となるアクアコミュニケーターが必要です。アクアコミュニケーターは水問題解決の知恵、コミュニケーションスキル、学びの場をつくるスキルをかねそなえた存在です。アクアコミュニケーターは市民や子どもたちに向けて普及啓発活動(勉強会)も行います。

<最近の実績>

  • 群馬県、静岡県、鳥取県、神奈川県、熊本県、熊本市、館林市、横浜市、米子市、浜松市、神奈川県内広域水道企業団、館林市環境水道部、相模川・酒匂川水系水道事業者等連絡協議会横浜市従業員労働組合都市整備支部、群馬県衛生環境研究所環境・議員政策研究会 等(敬称略)

 



 

企業向け講演・研修プログラム  |  Companies lectures and training programs

 

企業内での研修。自社の抱える水の課題を共有する

  • 世界的に水不足が深刻になるにつれ、企業が水をどう利用するかが問われています。欧米ではサプライチェーンやバリューチェーンを含めた「水リスク」の評価・管理・対策と情報開示を求める動きが活発になっています。とりわけ投資家が水に対する危機認識を高めており、「水リスク」を抱える企業は今後、投資を受けにくくなると予測されています。
  • 日本は「水豊か」というイメージがあり、「自社は水問題とは無縁」と考える経営者・ビジネスマンがほとんどですが、グローバル化が進展した現在、日本企業も必ず水リスクを抱えています。製品をつくるときにいかに水環境への負荷を最小限に止めるか、さらには企業として水環境の維持向上にいかに貢献するかによって、企業価値が決まる時代になりました。企業は地元自治体や市民と恊働し、積極手に水保全を行いながら水利用する必要があります。
  • こうした課題に対応していくために、アクアスフィアは以下のようなお手伝いをします。

 

<企業内で水の課題の共有>

  • シンポジウムや勉強会を行い、自治体内の水問題を共有する場をつくります。主なテーマとしては以下があります。
  • 企業が知っておきたい世界の水事情、日本の水事業
  • 企業が抱える4つの水リスク(操業リスク、財務リスク、法的リスク、評判リスク)
  • 企業が行う持続可能な水利用アクション
  • 新しい水管理手法「生態共生管理」
  • 新しい水ビジネス~小規模上下水道施設のつくり方・水をつかわない社会のつくり方~

 

  • そのほか企業主催の水のイベント、ワーウショップの企画や実施も行います。

 

<企業内のアクアコミュニケーターの育成>

パタゴニア店舗でのお客様向けワークショップ

  • アクアコミュニケーターは水問題解決の知恵、コミュニケーションスキル、学びの場をつくるスキルをかねそなえた存在です。企業内での水政策策定、行政や市民との恊働推進、を推進、市民や子どもたちに向け自社の取り組みの普及啓発活動(勉強会)などを行います。

<最近の実績>

  • SMBC、富士通、ニフティ、スルガ銀行、エヌ・ティー・エス、八千代エンジニアリング、日立国際八木ソリューションズ、アイシン、ゼノア、パタゴニア、山の手ロータリークラブ、日本水フォーラム、イーズ異業種勉強会、富士通総研、国際観光施設協会、利根上建設防災協力会伊勢崎法人会勉強会 他(敬称略)

 

<参考ページ>

 



 

学校向け講演・研修プログラム  |  School for lectures and training programs

 

水環境教育の実践方法を学ぶセミナー

  • 小学校、中学校、高校の社会、理科、総合などの授業において、水は頻繁にとりあげられます。また、水を通して、地元の自然、地球温暖化、国際問題などを学ぶこともできます。
  • アクアスフィアは授業・講義形式とワークショップという2つのプログラムを用意しています。

<授業・講義>

横浜市の小学校での水の授業

  • 主なテーマとしては、以下があります。
  • 地球環境と水
  • 水と人びとの暮らし
  • 水と人びとの健康
  • 水をめぐる争い
  • 水問題に立ち向かう  など

 

<ワークショップ>

東京大学での水に関する研究成果発表会

  • 水や水資源に対する理解を深め、責任感を促すことを目標として開発された「水」に関する教育プログラム「プロジェクトWET」を活用します。教える側が単に知識を与えるのではなく、子どもたち自身がアクティビティ(活動)を通じ、「水」そのものや、その大切さや重要性に気づき、学んでいきます。

<最近の実績>

  • Think the Earth「みずのがっこう」、東京学芸大学付属小学校、丸の内キッズフェスタ、NPO法人しぜん教育研究学園、横浜市立桂小学校、つくば国際大学東風高等学校、館林市立第一中学校、館林市立第三中学校、館林市立第一小学校、館林市立第四小学校 他(敬称略)

 



 

NPO・NGO・市民向け講演・研修プログラム  |  citizens lectures and training programs

 

市民向けの水の勉強会

  • 私たちの暮らしにとって水は不可欠ですが、水のことを考える機会はとても少ないように思います。毎日飲んでいる水はどういうものなのか、水源はどうなっているのか、水道はこれからどうなっていくのか、水不足や洪水はこれから増えていくのか。水をめぐってさまざまな動きが活発になっており、まずは自分たちの水のことを知り、自治体や企業と連携しながら水を保全し、利用していく必要があります。
  • アクアスフィアは講義形式とワークショップという2つのプログラムを用意しています。

 

<講演・セミナー>

  • 主なテーマとしては、以下があります。
  • 世界の水問題、日本の水問題・災害にそなえ安全な水をいかに確保するか
  • グローバル化時代にローカルな水問題を考える
  • 地域の水を保全しながら活用するルールづくり、しくみづくり
  • 行き詰まりつつある水道事業をいかに改善するか
  • 災害にそなえ安全な水を確保する方法
  • 地域で木材・食料・エネルギー・水を自給する(FEWリンクを最適化する方法)
  • 生物浄化法(緩速ろ過)を活用した市民が運営する水道
  • 新しい水管理手法「生態共生管理」
  • 家庭できる水循環にやさしい生活  など

 

<ワークショップ>

市民向けの水のワークショップ

  • 水や水資源に対する理解を深め、責任感を促すことを目標として開発された「水」に関する教育プログラム「プロジェクトWET」を活用します。教える側が単に知識を与えるのではなく、アクティビティ(活動)を通じ、「水」そのものや、その大切さや重要性に気づき、学んでいきます。

<アクアコミュニケーターの育成>

  • アクアコミュニケーターは水問題解決の知恵、コミュニケーションスキル、学びの場をつくるスキルをかねそなえた存在です。アクアコミュニケーターは市民や子どもたちに向けて普及啓発活動(勉強会)も行います。

 

<最近の実績>

  • 東京学芸大学オープンセミナー、Think the Earth「みずのがっこう」、相模原市、館林邑楽農業共済事務組合大地を守る会、館林市、東大和市、館邑経済倶楽部、帝京大学、日本くまもり協会、ユニセフ協会、たま親子学級、立川市、World Syllabus、大山山麓水の研究会、パルシステム東京、おたカフェ「水の学校」、清流の都・静岡創造推進協議会、大山横手道上 ブナを育成する会、横浜市、多摩消費生活センター 他(敬称略)

 



 

アクアコミュニケーター育成講座  |  Aqua communicator training lecture

 

◉ なぜ、アクアコミュニケーターが必要か

あらゆるコミュニティで水の課題の共有、解決へ向けての行動が必要です。

  • 水の課題には、水不足・水汚染・気候変動への対応などグローバルな側面と、コミュニティ独自のものがあります。こうした課題を、学びの場をつくったり、対話によって共有し、解決に向けたアクションを起こす必要があります。しかしながら、水の課題はコミュニティ内で共有されているとはいえません。

◉ アクアコミュニケーターは何をするか

課題の共有には対話が必要です。

  • 自治体、企業、学校などのコミュニティで、水についての学びの場、水の課題や解決方法を対話によって共有する場をつくります。
  • 解決に向けたアクションをうながし、その成果を広く伝えます。
  • 行政、企業、市民の協働をうながし、協働の成果を広く伝えます。

 

◉ アクアコミュニケーターになるには

  • 2日間(1日 6時間×2)の養成講座を受講していただきます。講座では3つのことを学びます。

 

<1日目>

プロジェクトWETのテキスト

  • プロジェクトWETエデュケーター講習。プロジェクトWETは、水や水資源に対する理解を深め、責任感を促すことを目標として開発された「水」に関する教育プログラムです。教える側が単に知識を与えるのではなく、子どもたち自身がアクティビティ(活動)を通じ、「水」そのものや、その大切さや重要性に気づき、学んでいきます。

 

 

 

<2日目>

コミュニケーション技術のテキスト

  • 世界の水事情・日本の水事情
  • コミュニケーション技術(「聞く」「話す」「書く」)、学びの場を活性化する技術
  • ※アクアコミュニケーター養成講座は12人〜24人程度で開催します。