『100年後の水を守る 水ジャーナリストの20年』が小中学生向けの推薦・指定図書に選出!

世界や国内の水問題や水ジャーナリスト、アクアコミュニケーターとしての活動をわかりやすくまとめた『100年後の水を守る 水ジャーナリストの20年』が小中学生向けの推薦・指定図書に選ばれました!

埼玉県、小学校高学年向き「すいせん図書」

http://www.saikyou.co.jp/serieslist/suisen/natu_suisen.html

神奈川県、「県内小学校の先生がすすめる
第33回 夏のすいせん図書 読書感想文コンクール」課題図書

http://kanagaku.com/archives/12884

第49回 YBC読書感想・体験文募集「本の森たんけん」指定図書
(中学生向け)

http://goo.gl/KPZepS

『100年後の水を守る 水ジャーナリストの20年』(文研出版)

http://www.sinkan.jp/special/protect_water/

橋本淳司より
「『100年後の水を守る』なんて、私だけでは到底できません。想像してみてください。100年後の世界を。100年後の水を守っているのは、いまの小学生たち、いえ、そのまた子どもたち、もしかしたら孫たちではないでしょうか?
だからこそ、いま伝えたいと思いました。世界や日本で起きている水の問題や水と人との関わり方について書いたこの本を、小学生に読んでもらいたい。
そして、 水に興味をもってくれた子が、また次の世代にメッセージを伝えてほしい。葉っぱが落ちても、そこから新しい芽が伸びてくるように思いが伝わり、いつの日か「水を大切にすること」が当たり前の世の中になってほしい。
だからこそ、『100年後の水を守る 水ジャーナリストの20年』が夏休みの推薦図書に選出されたことはうれしいことです」

 

 

書籍

 

 

著作一覧  |  Book List  

 


水がなくなる日

産業編集センター    2018.4.13


100年後の水を守る―水ジャーナリストの20年
(文研じゅべにーる)

文研出版    2015.6.19


いちばんわかる企業の水リスク
地球の水が足りない、Tシャツ1枚に2900ℓの水がつかわれている!

誠文堂新光社    2014.10.9


通読できてよくわかる  水の科学

ベレ出版    2014.8.22


日本の地下水が危ない

幻冬舎    2013.1.30


水は誰のものか
水循環をとりまく自治体の課題

イマジン出版    2012.10.15


「放射能汚染水」「水不足」「水道停止」
安全な水はどう確保する?

主婦の友社    2011.7.30


世界と日本の水問題(全5巻)

文研出版    2010.10月~2011.3月


1枚の「万能メモ」に書き込むだけ
瞬時に「話す」「書く」技術

すばる舎    2011.1.20


日本の「水」がなくなる日
誰も知らなかった水利権の謎

主婦の友社    2010.12.6


67億人の水
「争奪」から「持続可能」へ

日本経済新聞出版社    2010.5.25


「箇条書き」を使って
まとまった量でもラクラク書ける文章術

大和書房    2010.4.14


明日の水は大丈夫?
バケツ1杯で考える「水」の授業

技術評論社    2009.10.17


世界が水を奪い合う日
日本が水を奪われる日

PHP研究所    2009.7.1


発見!ネイチャー&サイエンス
おいしい水  きれいな水

日本実業出版社    2007.11.27


水問題の重要性に気づいていない日本人

PHP研究所    2007.1.23


水の大研究
不思議な世界をのぞいてみよう!

PHP研究所    2005.11月


水(エッセイ収録)

光文社文庫  日本ペンクラブ/井上ひさし編
2003.11.12


水のおもしろふしぎ雑学

インデックスコミュニケーションズ出版    1997.8月