アクアコミュニケーターの知恵

 

 

水と人々の健康のはなし  |  Story of people's health and water


 

人は水なしでどれくらい生きられるのか

 

 

生物が活動を行うには水が必要だ。

人間は、水と睡眠さえとっていれば、たとえ食べものがなかったとしても2~3週間は生きられる。

だが、水を一滴も飲まないと、4~5日程度で死んでしまう。

 

体内の水が不足することを脱水症状という。

脱水症状をおこすと、体温を調節する汗が出なくなり、体温がどんどん上がる。

汗やおしっこが出なくなるため体内に老廃物が溜まり、血液の流れが悪くなり、全身の機能が障害を起こし死んでしまう。

体内の水分の20パーセントが失われると生きていけない。

体重50キロの人なら10キロ分(10リットル)の水がなくなると、死んでしまうことになる。

 

世界中で水不足が深刻になり、安全な水を得られない人は11億人いると言われる。

日本のように上下水道が完備している国は、世界では半分ほど。

たとえば、途上国の貧しい地域では、上水道も下水道もなく、生活用水を近くの池に頼るところもある。

だが、そこには生活雑排水や家畜のし尿も流れ込み、その水を飲んだ人は病気になり、ときに死亡することもある。

小さな子どもが水瓶を背負って水を汲みに行く国や地域もある。

水瓶は20キロ近くもあり、持ち上げるだけでも大変だが、それをもって家と水源の2、3キロの距離を毎日往復している。

それでも水なしでは生きていくことができない。

水不足による生命の危機にさらされながら、何とか水を確保しようとしている。

 

 

目次へ戻る